無線ハンディターミナルとRFID|株式会社ウェルキャット

バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|株式会社ウェルキャット

インフォメーション

HOME > インフォメーション > 2017年 > 「SCF システムコントロールフェア2017 / 計測展2017 TOKYO 」出展レポート

「SCF システムコントロールフェア2017 / 計測展2017 TOKYO 」出展レポート

株式会社ウェルキャットは2017年11月29日(水)~12月1日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されました「SCF システムコントロールフェア2017 / 計測展2017 TOKYO ~IoTで未来を拓くものづくり新時代~」にIDECグループの一員として共同出展いたしました。
多くのお客様にご来場頂きまして、誠にありがとうございました。
製品に関するご質問や、導入に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。

IDEC株式会社ブース内にて、ウェアラブル×ロングレンジスキャナの運用方法や、バーコードリーダー×ビーコンを利用し倉庫内におけるヒト・モノの位置情報を自動収集、現場の可視化をご提案させていただきました。

開催期間 2017年11月29日(水)~12月1日(金) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト西1.3.4ホール、アトリウム
ブースNo 1-53(IDEC株式会社ブース内)
公式URL http://scfmcs.jp/
出展内容 IoT時代の新型ハンディターミナル『XIT-300シリーズ』、ウェアラブル×ログレンジスキャナ、ウェアラブル×PLC連携ソリューション。

出展製品紹介

ワイヤレス二次元ハンディターミナル「XIT-320-R」

徹底的に速さを追求したワイヤレス二次元ハンディターミナル・XIT-320-R。Bluetooth4.2(BLE)を標準搭載し、ビーコンを利用した位置検出やスマートフォンとの連携を容易に実現。IoT時代の新型ハンディターミナル。

二次元ウェアラブルターミナル「WIT-220-N/WIT-220-NR/WIT-220-M」

徹底した携帯性を重視し、軽量・コンパクトを実現しながらも、ハンディターミナルと同等以上の機能を実装。
ハンズフリーオペレーションを可能にし、ハンディターミナルを超える運用の効率化と安全性の向上を実現する二次元ウェアラブルターミナル。

HF帯RFIDウェアラブルターミナル「WIT-250-N」

HF帯ICタグの読取りと書込み機能を軽量・コンパクトなボディに搭載。
手に持つ必要がなく、両手を使ったスムーズな作業を実現するHF帯RFIDウェアラブルターミナル。

資料請求/お問合せ

一覧へ戻る

PAGETOP

バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|株式会社ウェルキャット

東京都品川区大崎5-6-2 都五反田ビル西館5F / TEL:03-5740-5280 / FAX:03-5740-5286

ウェルキャットは、バーコードリーダー、RFIDリーダライタ、ハンディターミナル、無線ハンディ等の販売、ソリューションを行っています。