無線ハンディターミナルとRFID|株式会社ウェルキャット

バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|株式会社ウェルキャット

インフォメーション

HOME > インフォメーション > 2017年 > 「第4回 ウェアラブルEXPO」出展のお知らせ

「第4回 ウェアラブルEXPO」出展のお知らせ

株式会社ウェルキャットは2018年1月17日(水)~19日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されます、「第4回 ウェアラブルEXPO」に出展いたします。
本展示会は、世界最大のウェアラブル専門展として、業務改善のためのウェアラブルソリューションから、IoT、AR/VRなどの最新技術が一堂にご覧いただけます。
AI×ウェアラブル、AR/VR×ウェアラブルの融合や、点検・製造・医療現場での活用事例など、注目テーマを集めたセミナーも多数行われます。

当社ブースでは、ウェアラブルターミナル×計測機器連携ソリューション、入庫・ピッキング作業など実演デモを交えながら、ハンズフリーオペレーションで作業効率を飛躍的に向上させる運用方法をご紹介いたします。
また、製造・物流現場におけるヒト・モノの位置情報をビーコンにより自動収集し、現場の可視化を実現するソリューションのご提案もさせていただきます。

無料招待券をご用意しておりますので、ご希望のお客さまは下記フォームよりお申し込み下さい。
※数に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催期間 2018年1月17日(水)~19日(金) 10:00~18:00(最終日17:00)
入場料 招待券持参者無料
会場 東京ビッグサイト 西ホール2階
ブースNo W15-61
公式URL http://www.wearable-expo.jp/
見どころ ハンズフリーオペレーションを実現する『 WIT-220-N/M/NR 』『WIT-250-N』
ビーコン機能を利用した位置情報ソリューション
IoT時代の新型ハンディターミナル『XIT-300シリーズ』
照合パッケージソフト『POKALESS』

出展製品紹介

二次元ウェアラブルターミナル「WIT-220-N/WIT-220-NR/WIT-220-M」

徹底した携帯性を重視し、軽量・コンパクトを実現しながらも、ハンディターミナルと同等以上の機能を実装。
ハンズフリーオペレーションを可能にし、ハンディターミナルを超える運用の効率化と安全性の向上を実現する二次元ウェアラブルターミナル。

HF帯RFIDウェアラブルターミナル「WIT-250-N」

HF帯ICタグの読取りと書込み機能を軽量・コンパクトなボディに搭載。
手に持つ必要がなく、両手を使ったスムーズな作業を実現するHF帯RFIDウェアラブルターミナル。

ワイヤレス二次元ハンディターミナル「XIT-320-R」

徹底的に速さを追求したワイヤレス二次元ハンディターミナル・XIT-320-R。Bluetooth4.2(BLE)を標準搭載し、ビーコンを利用した位置検出やスマートフォンとの連携を容易に実現。IoT時代の新型ハンディターミナル。

ニ次元ハンディターミナル「XIT-320-M」

一次元/二次元メモリ(データ蓄積型)ハンディターミナル。Bluetooth Smart Readyに対応し、BLEビーコンによる位置検出、タブレットやモバイルプリンタ機器との連携も可能。バッチ運用に最適なモデル。

照合パッケージシステム「POKALESS」

現場の”ポカミス”を防止!単純照合(1対1)から組み合わせ照合(1対n、n対n)まで幅広く対応。
対象業務:かんばん照合(自動車)、与薬照合(医療)など。

お申し込みフォーム

一覧へ戻る

PAGETOP

バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|株式会社ウェルキャット

東京都品川区大崎5-6-2 都五反田ビル西館5F / TEL:03-5740-5280 / FAX:03-5740-5286

ウェルキャットは、バーコードリーダー、RFIDリーダライタ、ハンディターミナル、無線ハンディ等の販売、ソリューションを行っています。