無線ハンディターミナルとRFID|株式会社ウェルキャット

バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|株式会社ウェルキャット

導入事例 / モデルケース

HOME  >  導入事例 / モデルケース  >  ワイヤレスハンディターミナルを使った移動販売POSレジシステム 京王電鉄株式会社(京王ほっとネットワーク)様

ワイヤレスハンディターミナルを使った移動販売POSレジシステム
京王電鉄株式会社(京王ほっとネットワーク)様

「京王ほっとネットワーク」様ではお客様ニーズに
お応えし、様々な取り組みを進めています。

  京王電鉄株式会社(京王ほっとネットワーク)様では、少子高齢化が進む中、「幅広い世代の方々に住み続けて頂くことが地域の活力を維持する上で重要である」と捉え、高齢者や子育て世代の方々の生活利便性向上を図るため、生活サポートサービスを提供しております。
  生活サポートサービスの一つとして、2013年11月から日常の買物に不便を感じているお客様を対象に、2トン車による移動販売を多摩ニュータウンエリアで開始。移動販売では京王ストアで取り扱っている生鮮食品(肉・野菜・魚)や日用品などを取り揃えております。2017年11月からは新たに軽自動車による移動販売も開始。2トン車では販売できなかった狭い場所でも移動販売が可能となりました。
  軽自動車の移動販売を開始するにあたり、省スペースで作業が可能なワイヤレスハンディターミナルXIT-300シリーズが採用されました。
  今回その現場に同行させていただき、ご担当者様から直接お話を伺いました。

XIT-300シリーズを導入したことで良かったこと

  片手で使えるワイヤレスハンディターミナルXIT-300シリーズを導入したことで、軽自動車による移動販売でも十分な商品スペースが確保できるようになりました。また手打ち作業によるレジミスも無くなり、お会計からレシート発行までを素早く正確に行えるようになりました。

ハンディ1台が、POSレジ以上の利便性を発揮!

  システム開発を担当した(有)アクロスシステムズ 荒木 寿信 氏によれば、XIT-300シリーズの導入が決まった最大の要因は、データベース機能がハンディターミナル本体に内蔵されており、従来の店舗POSシステムと連動するストアコンピュータの商品情報(約9万アイテム)をハンディ内にデータベース化して記録できることです。またデータベース化することにより、ハンディへの取り込み速度も飛躍的に速く(従来の8倍)なりました。そしてモバイルプリンタを介してレシート出力(Bluetooth通信)までがスムーズに行えます。メニューアプリの開発でも自由度があり、データ集計・本部への送信も容易に可能です。

移動販売を通して、地域コミュニティの発展に貢献します。
*京王電鉄(京王ほっとネットワーク)様 よりコメント*
  お客様からは「バスに乗って駅まで買い物に行かずに済むので助かる」「新鮮な魚や野菜が買えるのでうれしい」といったお言葉を頂いております。今後、移動販売車を増やし、販売エリアを拡大させる予定です。京王ほっとネットワークの移動販売により、沿線地域の方の買物の利便性を高め、お客様同士が互いに声を掛けあい、コミュニケーションの場を創出することで、街に活気を生み出し、地域コミュニティの発展に貢献したいと考えております。

拡大版のPDFは下記よりダウンロードください

カタログPDFダウンロード
該当製品

PAGETOP

バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|株式会社ウェルキャット

東京都品川区大崎5-6-2 都五反田ビル西館5F / TEL:03-5740-5280 / FAX:03-5740-5286

ウェルキャットは、バーコードリーダー、RFIDリーダライタ、ハンディターミナル、無線ハンディ等の販売、ソリューションを行っています。